#菅官房長官 の #会見 打ち切りに #テレ朝 記者が関与


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村

#菅官房長官 の #会見 打ち切りに #テレ朝 記者が関与
2017年9月12日午前 菅義偉 官房長官 記者会見
望月衣塑子‏ Twitterより
@ISOKO_MOCHIZUKI
『最近 #菅官房長官 の #会見 打ち切りが続く。今日は 幹事社の #テレ朝 記者が、#朝日 の #南彰 記者が #森友 疑惑で「国会答弁との整合性含め、説明責任を果たすつもりか」と問い挙手する中、質問を打ち切る。追及を拒む官邸に同調し、権力監視とは程遠い行為に目を疑う』

日刊ゲンダイより
12日午前の会見からこれまでと様子が変わったという。14分ぐらい経った頃、官邸の広報官が「今、手を挙げている方、1問でお願いします」と発言。挙手していた東京新聞記者の質問に、菅長官が「仮定の問題なので控えます」と素っ気なく答えた直後、別の記者がさらに質問をしようとすると、幹事社が「よろしいでしょうか」と遮る。するとほぼ同時に広報官が「ハイ。ありがとうございました」と言って会見を打ち切ったのだった。

 官邸は先月、記者クラブに「公務がある時は会見を短くしてほしい」と要請。クラブ側が「事情は理解するが、会見の主催はクラブなので時間制限は受け入れられない」と一応は突っぱねたという。しかし、12日のやりとりを見る限り、事実上、時間制限を受け入れたも同然。官邸とクラブの「あうん」の呼吸の下、菅長官は公務を理由に、一部記者のしつこい質問から逃れる算段のようだ。


ジャーナリズムランキング