[ 九月になったのに ] 忌野清志郎 (1976 LIVE 京都)


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村

[ 九月になったのに ] 忌野清志郎 (1976 LIVE 京都)
*
九月になったのに
RCサクセション
LIVE 1976.12.7 京都府立体育館

Vocal, Keyboard:忌野清志郎
Piano:セクシー佐山 (佐山雅弘)
Lead guitar:阿部昇 
Bass:リンコ・ワッショイ (小林和生)
Drums:ワンダフル鈴木 (鈴木ウータン正夫) 

**
↓本動画のソースです。感謝します。

Lgx2011
RC Succession LIVE in Kyoto ’76 (41:43)
https://www.youtube.com/watch?v=EYTlMAVn6EU

「九月になったのに」のほか、オープニングインスト、ダーリン・ミシン、スローバラード、恐るべきジェネレーションの違い(Oh, Ya!)、わかってもらえるさ、夜の散歩をしないかね、おはようダーリン、そしてエンディングの「まぼろし」まで、井上陽水の前座とは思えない記念碑的とも言うべき先鋭ステージの様子がフルで切れ目なくアップされています。

***
九月になったのに

作詞:忌野清志郎 作曲:肝沢幅一
(1972.12.5 楽しい夕に)

九月に なったのに
いいことなんか ありゃしない
九月に なったのに
何も変わりゃ しないのさ

相変わらず 蒸し暑いし
相変わらず 夜は眠れない
相変わらず だよ

九月に なったのに
大嫌いな夏が続いてる
九月に なったのに
暑苦しい 毎日さ

相変わらず 汗をかきながら
相変わらず 歌っています
相変わらず だよ

そちらは どうですか
君は どうですか
そちらも 九月になりましたか
九月は まだですか

九月に なったのに
まだ帰って 来ないのかい
相変わらず 冷たいね
相変わらず 嘘つきだね
相変わらず だね

(この詞は聴き書きで、ひらがな、漢字などにオイラの解釈を含み、オリジナルのノートといっしょじゃないです。あしからず)


ジャーナリズムランキング