「入管法改正案」与党側が26日も審議強行(18/11/23)

「入管法改正案」与党側が26日も審議強行(18/11/23)
外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案について、与党側は委員会の定例日でない26日も審議を行うことを決めました。野党側は「成立ありきだ」と強く反発しています。 立憲民主党・山尾志桜里議員:「(与党側は)成立ありきで、どうやったら充実した審議ができるかというのはない。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)